「環境への負荷軽減」、そして「経営の負荷軽減」

この二律背反を、見事に解決できる画期的なシステムをご提供します。

あなたの会社の車両、重機、発電機、漁船など、燃料費の高騰が経営に直撃してしまう業界の皆さんへ
多大な貢献が出来るものとか苦心しております。

あなたの会社の燃料代が、20%軽減できるとしたらいかがでしょう?
Stacks Image 1280
 多くの内燃機関に適応
 燃料費の削減・CO2の削減へ
Stacks Image 1282
水を主とする溶液を電気分解させ、発生させた気体をエンジンの吸気側へ供給することで、相対的な 「エネルギー効率の向上」が得られます。
エムテックは他社に多い「燃焼」だけに着目した製品ではありません。

「電気分解」「電圧電流」「各部装置の材料」「メンテナンス性」


まで徹底した研究をした商品です。

他社と大きく違うのは適正な気体容量を発生させ、エンジンや環境に影響しない独自に開発した仕様なのです。

topSubTi01

エムテックは「水を主とする溶液」を電気分解させ、微量の気体を使います。 そこには様々な問題点がありましたが、配管・電気・ケースまで問題点を大学との共同研究にて解決し製品化しました。

topSubTi02

エムテックは、導入6か月から1年、最長でも2年で費用対効果が得られる製品であります。
※但し走行条件により変わります。

topSubTi03

エムテックは半永久的に効果を持続する製品です。
※但し当社指定の取り扱い条件にてお使いいただいた場合

topSubTi04

エムテックは2年間のメーカー保証がついております。
※但し一定期間で当社指定の専用溶液の補充はお客様にてお願いいたします。

 燃費の改善について
Stacks Image 1308
実験データからアクセル開度を一定にし、通常車両とエムテックを取り付けた車両の回転数及び速度を比較すると、エムテックを取り付けている車両の方が回転数も速度も高くなっており、このことから燃焼効率が上がり、馬力・トルクが増し、回転数が上がっていると推測されます。

よって同じ速度を出すときのアクセル開度は自ずと少なくなります。

(燃焼室内に噴射する燃料の量が少なくなる = 燃費向上)。

自動車はマイナス電荷であるのに対し、発生ガスはプラス電荷です。
このガスを燃焼室内に入れることにより、ピストンがスムーズな動きを得ると推測されます。

以上のことから、燃料の消費が減れば二酸化炭素(CO2)の排出も削減されることとなります。

商品・サービスに関するお問合せはこちらから

0120−68ー2929

私たちについて

Stacks Image 4713
"喜びのタネまき"

ダスキン事業の創設者 鈴木清一。
生涯を通じて「損と得とあらば損の道をゆくこと」を誓い、実践してきた創業者。その理念の一節である"喜びのタネまき"こそ、ダスキンの根幹を成す考え方。

私たちは、ダスキン事業を通じて家庭の、会社の環境を整え、"喜びのタネまき”を実践して行きたいと考えております。

()エーアンドアイ
代表取締役 萩谷 公康

会社情報

Stacks Image 4727
()エーアンドアイ
代表取締役 萩谷 公康

住 所 茨城県常陸大宮市石沢1819-2
TEL 0295-52-1032
FAX 0295-52-1487